圃場の改良。

@桃園

開墾したばかりの桃園。

よーく見ると凸凹。

…バックホーもあるし、整えるか、、、

「排水」が悪かったり、「水たまり」などがあれば湿度が上がったり病気の原因になりますし、

凸凹道は「動力噴霧機」も入れず作業の効率が悪くなるので、

この機会に綺麗に整えます。

植えた後では何もできないんです。。。

白から黒へ。

@いちじく園

お盆も過ぎ気温も寒さに向かう時期になりました。

ということで、

白マルチで地温を下げていたものを今度は、

「黒マルチ」に変え地温を上げていきます。

(とにかく微生物が活動する15℃以上はキープしたい!)

白黒マルチは一枚二役やってくれコストがかからず助かります。

(オセロみたい!)

白色資材に弱いアザミウマもお盆過ぎには姿がなくなるので丁度いいみたいです。

秋作の準備 圃場。

@野菜畑

すんごい草。

サツマイモも落花生も草に飲み込まれました。(今年は無しです。)

今年はニュースでご覧の通り天気に左右され農家もヒーヒーです。

気を取り直して、

秋作の準備!まずは「草刈り」。

なんとか一日で終わりました。

これだけ「地力」があれば今シーズンも無肥料でしっかりできそうです。

「しっかりスポーツドリンクを凍らせて持っていくこと!」と言われ、

持っていって飲んでます。

最初に飲む一口が甘ずっぱい。

秋作の種まき。

一年は早いものですね。

秋作シーズンinです!

ここ最近雨などの影響で気温がずいぶん下がったのでこのタイミングで播種。

暑いと発芽をしてくれないので、夏は播種が難しいです。

周りには育種場を南信州に移している方も。(とは行っても二時間くらいです。)

今回は「トレビス」「紫キャベツ」「ディル」

と時間がかかるものから播種していってます。

今シーズンから少しずつですが新しい品目も作付けしていきますのでお楽しみに。

と、雨でしたので圃場の作業はお休みして、

名古屋駅にあるナチュール(ワイン)のお店

「vinvino(ヴァンビーノ)」さんのところへ行ってきました。

ワインの話、葡萄の話たくさんありがとうございました。

日本の自然栽培・自然農ももっともっと活気を持たなきゃ!

桃園 開墾。

@桃園

無事大きなトラブルなく開墾作業終わりました。

去年はいろんな失敗がありましたが、あの失敗からたくさん学べて、

二日で30a(90坪)の果樹園の耕作放棄地を更地まで開墾できるようになりました。

辛い思いもたくさんありますが、

応援してくれる方々や

楽しみに野菜や果物を待ってくれている人たちがいる限りは

自分自身には負けられないんです。

趣味の園芸

日曜日の朝は作業まっしぐらではなく、

NHKの「趣味の園芸」を見ています。

研修していた頃、果樹の先生から見るようにと勧められ、

以来は時間があるときは見るようにしています。

この習慣はあってよかった。

植物の生理の知識から、生理から応用した管理方法、

家庭菜園の管理方法、

花木の紹介、育て方など

植物が好きな方からプロ農家まで楽しめる内容になっています。

エンジンが止まらない。

@桃園

勤め先も夏の連休に入ったので、集中開墾作業に突入です!

サクサクと作業が進むも、

「あれ?エンジンが切れない?」

キーを抜いてもそのままエンジンが止まらなかったので、

お手上げで「加藤農機商会」さんに連絡。(盆前の忙しい時にすみません。)

来てもらって見てもらうと、原因はバッテリーが上がっていました。

経験値がすごいですね、初見で症状確認です。

サイズを測って在庫を確認してもらって、

次の現場があるとのことでしたので自分で交換。

無事、また起動しました。

秋の準備。

台風が過ぎ空も落ち着くかな?っと思いきや、

土砂降りの雨が降り、道路も川のように洪水しています。

そんな中、

私は秋作の準備!

野口種苗」にたねを発注したり、

稲垣農園」に資材を確認・発注しに行ったり、

段取りをスケジュールしたり、

去年の反省を活かしていきますよー!

今年は品目も増やしたり、売り場を増やしたり、

新しいことに挑戦していきます!

樹皮。

@いちじく園

「カブトムシ」でしょうか?樹皮を削っています。

去年まで被害がなかったのに、今年はあちこちでカブトムシが樹皮を削っているという被害報告を耳にします。

「樹皮」は栄養を運ぶので樹木にとっては致命的な被害です。

少年の頃たからもののように輝いていたカブトムシが今は害虫です。