遺伝子組み換えについて

昨今話題に上がるが、いまいち内容がわからないのが遺伝子組み換えではないでしょうか?

現在、実用化されている遺伝子組み換えの技術は「アグロバクテリウム法」という方法です。

アグロバクテリウムは土の中にいる土壌細菌で、地球のどこにでもいます。

そのアグロバクテリウムなどの細菌と植物は”プラスミド”という小銭のような遺伝子のやり取りを行います(植物はプラスミド遺伝子を拒否せず、取り込む)。

このことが発見され、遺伝子組み換え技術に応用されました。

・まず葉っぱを切り抜き、遺伝子組み換えされたプラスミドが培養された液に浸す。

・プラスミドは傷口から植物の細胞の中に入る。

・そのままひとつの植物として成長する。

出来上がった植物は細胞のひとつひとつ、花粉のひとつひとつまで、すべて遺伝子が組み換えられ、その花粉がまた他の植物と交配し遺伝子を組み換えていく。

これが技術の内容になります。

何に使うのかと一つ例を上げると、

除草剤耐性をプラスミドにいれ、植物に除草剤耐性を獲得してもらう。アメリカの大規模農家などですと草刈りなんて無謀なことなので除草剤で解決し収量を上げたい。

そして、気になる人間に対する影響はというと…

未だ未解明(わかっていても公表しないかもしれませんね)。

分子生物学の基本原則の理屈上、高分子の遺伝子やタンパク質を食べても、それがそのまま人間の身体や動物に作用しないそうですが、

BSE(狂牛病)の発生でこの考えは崩れました。

プリオン(異常タンパク質)を食べた人間がBSEを発症させたのです。

諸説さまざまありますが、人間が吸収する食べものがもたらす影響はなおわからないことだらけ。

日本では輸入品は認可されていますが、栽培することは許されていません。

ですが、最近外来種の問題がニュースでよく聞く現状を考えれば、種がどこかで溢れて育ち、その花粉が在来種と交配しているかもしれません。

ここで更に問題があります。

もし、この遺伝子組み換えを止めたら…

コーンと小麦の収量が大幅に下がり、世界規模の餓死者がそれも大規模で出てきます。

アメリカの国力ともなっているコーンと小麦は、それほど私達の食を支えています。(世界の食料庫と呼ばれる所以です。)

どうすればいいか、

手間は莫大ですが遺伝子を組み換え前に戻すことも出来るそうです。

政策として段階的に人口を減らし、小麦の生産量を落とせるように環境を整えることもできます。

やらなければいけないこと、やれることは山ほどある。