イチジクスクール@西尾 パッキング作業で農福連携

image

 

今日の愛知は雨のち曇り。

週に一度のイチジクスクールの日。

1人で収穫からパッキングまで作業を行うよりは、パッキングセンターに持って行って手数料を払ってお願いするほうが、その分農作業に専念できるので効率がいいと勧められ計画しています。

計画をしている際に、この仕事を利用者の方に渡せたらいいな。と思い、名古屋で就労継続支援A型で農福連携に取り組んでいるストレートアライブさんに話を持って行ったところ、まずは作業を見てみたいとのことでしたので、今回来てもらいました。(雨の中ありがとうございました。)

品質管理が厳しい内職作業も日頃こなしているとのことでしたので、「パッキング作業は問題ないです、流通のシステムが組めたらお受けすることは可能です。」と返事をもらいました。

この流通の問題をどうこなすか腕のふるいどころです!

・就労継続支援A型(雇用型)

65歳未満の方が対象。

就労支援事業所と正式に雇用契約を結び、働きながら能力を向上し、一般企業への就職を目指します。

特徴は”雇用契約を結ぶ”こと。安定的な就労も得られ、最低賃金以上を受け取ることができます。

・就労継続支援B型(非雇用型)

年齢制限はありません。

一般就労への移行が困難判断された場合に利用されます。

特徴は”雇用契約を結ばない”こと。雇用契約のない状態での就労になります。

非常に低い賃金での就労となります。

(ただしB型施設の利益はすべて利用者さんに渡されます。)