マルチについて。

img_1577

無肥料で作物が育つのか、一般常識からだと考えられないことかもしれません。

少しだけわかっていることをお話しいたします。

三大栄養素の”窒素、リン酸、カリ”その他の栄養素を含めても成長には10%ほどしか使われていません。

植物の成長に必要な栄養の90%は「光合成」によって得られる炭水化物です。(年配の方ですと”炭酸同化作用”と学校で習っていると思います。)

私たち人間も炭水化物をたくさん食べたいですね。

img_0266

光を浴びた葉緑体は「水」を使って「二酸化炭素(CO2)」から「炭水化物(C)」を抜き取ります。そして余った「酸素(O2)」は外へ排出されます。

この「水」を吸い上げるのに必要なのが”地温”(15度~)なのです。

どういうことかと言いますと、

植物が水を吸い上げるというよりは、微生物が水と一緒に根から植物に入っていくものだそうで、

この微生物が活動する温度が15度以上だそうです。

このため、地温が必要なのです。

マルチはこの手助けをしてくれる優れものなのですね。

他にも防草や保水の効果もあるため無肥料栽培を行う上で有効な方法のひとつだと思います。

ただ、デメリットで言うと、マルチは少量の薬を塗っているようです。

草マルチなどは防草などの効果はあるのですが、地温の上昇ができない。

以上の理由から、畑ではマルチによる栽培をおこなっています。