根粒菌

img_0315

マメ科の根に住む菌。

植物から光合成で得る産物を貰うかわりに窒素を植物にあげるという関係を持っています(=窒素固定)。

マメ科以外の植物にも窒素固定されます(マメ科の根は宿)。

img_0316

得られる窒素は多くもなく少なくもなく、植物が必要とする分だけですので虫の食害もおきません。

木村式自然栽培で窒素固定に使用するマメ科の基本の植物は大豆です。

以前、講習会でクローバーではダメですか?と質問があったのですが、窒素固定の量が大豆と比べると少ないようです。

その他、カラスノエンドウ(ピーピー豆)

img_0317

落花生(ピーナッツ)は効果があったようです。

更に他の作物でも、研究が進められているものでサツマイモもKlebsiella oxytocaという菌と窒素固定をしているみたいです。

マメ科もイモも、やせ地で育つのには理由があるのですね。

もっと知りたい菌の世界でした。