桃の剪定。

img_0336

@桃園 今日の豊田は晴れのち曇り。銀杏の香りが…

野菜畑の定植も落ち着きましたので、桃園で剪定作業。

「果樹は剪定やぞ。」木村さんに果樹農家をやりますと名刺を渡した際に言われた言葉を思い出します。

木村式自然栽培の剪定は葉の葉脈に従って行うのですが、引き継いだ農地で少し荒れていましたので樹もボサボサです。

以前、柿の木を強剪定したら実をつけなかった苦い経験があるので少しづつ剪定をおこないます。

img_1750

新潟での木村式自然栽培講座で木村さんから教わった剪定技術のひとつで「徒長枝」を切り、「45度に出た枝」を残す。

「徒長枝」は養分を吸いすぎます。ですので全体の成長の妨げになるので切ります。

ですが、「徒長枝」についた実は全部成らせることもできるので、逆に利用する農家の方もいらっしゃいます。(私の桃の先生は利用していました。)

剪定のやり方は農家ひとりひとりそれぞれです。が、農園ちいさな星は木村式自然栽培に準じておこないます。