アロイトマト

img_0337

ナス科ナス属。

トマトの品種で有名なF1種「桃太郎」を自家採種して「桃太郎」よりおいしいトマトをつくった人がいる。

「桃太郎」は

「愛知ファースト」x「フロリダMH-1」x「糖度の高いミニトマト」x「固定種の大玉トマト」

をかけあわせた複雑な交配種であるため、「桃太郎」の子どもは、「桃太郎」と、この4種と、4種が混ざった雑種が生まれてくるので、

固定種にする場合は、長い年月この中から「桃太郎」の種だけを探し続けて採種と育成を繰り返すという気の遠くなる作業をおこなわないといけません。

それを奥田春男さん(コックさん)が自身の味覚だけを頼りに5年の歳月をかけて成功させたという品種。

「アロイ」はタイ語でおいしいという意味の「アロイ」からきているそうです。

毎年売り切れ状態で手に入れることができなかったのですが、今回はタイミングが良く手に入りました。

春蒔きとまだ先ですが楽しみにしててくださいね。

と、いいながら私が1番楽しみです。