全国農業新聞。

IMG_0415

月4回金曜日に「全国農業会議所」が発行している新聞。

農政のことや、日本各地の農業ニュースがメインに構成されている新聞です。

付加価値の工夫方法コラムなどの記事も多数あり、情報収集に活用しています。

今までできなかったことの緩和など農政の情報が拾えるのはありがたいです。

日曜大工。

IMG_0413

開墾で出た廃パイプを、いちじく用のパイプに加工。

切断機は近くのホームセンターでお借りしてきました。

たまにはゆっくりこんな作業も楽しいです。

radikoをお気に入りのチャンネルに合わせガリガリガリガリ。

IMG_0414

曲がっていたり、さすがに使えないものは金属買取業者に持ち込み。

「切断機のレンタル料」「刃」を差し引いて回転寿しが食べられるくらい貰えました。

リユース。

IMG_0412

私が耕作している農園は、「農地バンク」でお借りしている土地です。

引き継ぐ際に「桃」の支柱に使用していたパイプが大量に余りました。

運よく、いちじくにもパイプは使用するので加工して再利用することにしました。

経済の根本は「限りある資源を食いつぶさないようにすること」

使用に問題がなければ、物は大事に使っていきたいです。

(サビサビですが、私はどういうわけか「錆び」に味深さを感じます。)

初期生育。

初期生育

@野菜畑

豊田は曇り▲

気温:最高12.4℃最低-0.3℃

初期生育で早い段階で株を大きくしようと定植前の苗に水をとにかくたくさん与え、苗を大きくした状態で定植を行いました。

結果:水の影響で大きくなった葉は枯れ、新しく新芽が出てきました。

仮説ですが、定植後も水をたくさん与えればそのまま大きくなったかもしれませんが、環境に左右されやすい軟弱な株になるのではないかと思います。

今回の教訓を活かし、初期生育にこだわらず、苗が安定したら定植しじっくり育てようと思います。

再び温度。

IMG_0410

@育苗ハウス

豊田は快晴。

気温:最高9.2℃最低-4.5℃

ハウス内温度:28℃前後(12時観測)

先日仕込んだ「育苗土

この時期に仕込んだのには、もうひとつの狙いがあります。

発酵の際に発生する「温度」を利用することです。

加温機がまだなかった昔、実際に慣行されていた方法だそうですよ。

加温ハウスに見学に行くと、温度を上げる工夫が個々でなされていて勉強になります。

ご存知の方も多いと思いますが、地球上で最も優れた断熱材は「空気」ですね。

私たちが普段着るダウンが温かいのは羽毛ではなく羽毛が溜め込む「空気」が保温力となって温かいのです。

温度。

IMG_0409

寒さが厳しい時期でもビニールが一枚あれば野菜は育ち、温度が大事だということを教えてくれます。

(暑過ぎてもいけませんので適温を保つことが重要。)

無肥料で栽培するにあたって「無い」ものをどうやって補っていくかを考えていかなくてはなりません。

私の場合は「デザイン」もそのひとつです。

土を社会に合わせるのではなく、社会を土に合わせていくことも重要だと思います。

そこで「ブランド」という力をお借りしたい。

使えるものはできるだけ使っていきたいです。

私が大事だと思うことは農業の健全性であり、環境を守っていくことです。

事務所。

IMG_0408

自宅を事務所として使っています。

今まではコタツの上で事務作業を行なっていたのですが、どうしても休憩すると横になってそのまま寝てしまうので「椅子」のある生活に変えようと、

いつもお世話なっています「LAMP:07」さんにデスクと椅子のオーダーをお願いしました。(縁があり照明も)

木の性質などよく勉強されていて、いつも会話は楽しく時間を忘れてしまいます。

農園ちいさな星のデザインを含め私の生活をいつも照らしてくれています。

農福連携 育苗土づくり。

IMG_0407

@育苗ハウス

今日の作業は春蒔きに使用する育苗土づくりでした。

1人ではとても大変なので今回から農福連携で育苗土づくり!

作業は「混ぜる」のみ!なんですが「混ぜる」は意外と混乱するようで、はじめは利用者さんも戸惑い混じり。

後半になると作業にも慣れ、遊ぶような感覚で取り組めました。

利用者さんとコミュニケーションの機会も増え、よい結果だったと思います。

育苗土 レタスとの相性。

育苗土

夏に仕込んでだ「育苗土」。

写真は「サンチュ」ですが、他のレタスも同じような根の張りになりました。

秋~冬のシーズン1日1回の冠水のみの施用です。

他、アブラナ科の「わさび菜」「キャベツ(中生成功甘藍)」に関しては、根が張りませんでした。

はじめは、籾がらベースの育苗土なんて作物が育つのか?と疑問でしたが、結果はこのようなものになりました。

他の作物にも試して報告していきますね。