農福連携 本質。

今の自分の気持ちに答えを見つけられないまま文を書いています。

今日は久しぶりに青い空チームと「種まき」でした。

結果としては、

収集がつかず、イライラが募り怒鳴り散らしていました。

どうしても、「今」は福祉の世界と農業の世界には遠い距離があります。

そのギャップをどうやって埋めていけばいいのかわからない。

生活がかかっているのにふざけられたら流石に我慢はできないし、してはいけないと思う。

ただ、理解してもらうのが難しい。

どんなに頑張って努力をしても成果が得られなければ生きていくことさえできない。

「今」の段階は形だけの「ごっこ」でしかありません。

このまま「形」だけのものになるなら「農福連携」もやりたくありません。

本質として農家の手間を利用者さんに与え生産性を持ってもらう目標を果たさなくてなりません。