季節のなかをくぐりぬけたら。

「のらぼう菜」の菜の花が開花しましたので、今回の出荷が最終出荷です。

菜の花は、ほろ苦さが一般的な味なのですが、「のらぼう菜」の菜の花は、あまいんです。

「ブロッコリー」と同じ様な調理や、お吸い物、炒め物、パスタの具など、いろんな料理が楽しめます。

「いちじく」の生産と相性がとてもいい作物ですので、今後も作付けしていきます。

筆者は幼少期、少年期は長崎で生活していました、

九州は「照葉樹林(クスノキ、シイの木など)」が多く紅葉もなければ落葉もなく、

雪が降るのも何年かに一度ぐらいですので、季節を感じるものといえば「桜」ぐらいでした、

市場も冬に「きゅうり」があるぐらいですので、いろんな野菜の「旬」もいつなのかよくわからない環境で育ちました。

ですので、今ではこの季節を感じるものには強く関心があるんです。