キボシカミキリの被害。

@いちじく園

マルチの張り替え作業をやっていましたら、

「何か見えた…」と見たくないものが…

「キボシカミキリ」の幼虫です。

パクパクと芯を食べていくんです。

対策は「バイオセーフ」という生物農薬という線虫を寄生させて殺す「天敵生物」を利用するもので、

「これならいいんじゃないか!?」なんて思いもするんですが、

生態系への影響がよくわからないので、

よくわからないうちは使いません。

メーカー側は「生態系への影響なし」と記載しているんですが、

寄生して殺している時点で影響有りなので無視します。

と言っても解決策はあるのかと言えば白旗で降参なわけなんですが、

興味深いことに以前の、

カブトムシの被害株のみに発生しているんです。

思うに、

何かその株に病的な原因があり、自分ではどうにもできないので、どうぞお食べ下さい。と差し出しているのではないかと妄想するんです。

以前、勉強会でも出てきたキャベツのアレです。

何でもかんでも薬で解決する前に、原因を調べて対策してみるとほとんど何もせずあっさり解決したりするんです。

未来の食卓。

未来の食卓

私たちが普段口にしている食べ物は何が入っているのか?

「農薬は体に悪い。」

実際にどのような影響があるのか?

そんなことをわかりやすく教えてくれる

そんな映像作品になっています。

実際に小学生が卵巣ガンに陥って明日もわからない被害者もそう少なくありません。

世界の明日を考えないといけないのは政府だけではなく、私たち一人一人です。

陽の当たる場所。

日本農業新聞に野口さんが特集されていました。

ご存知、当園も大変お世話になっている「野口のタネ」の野口勲さん。

固定種に陽を浴びれる日が来るなんて。

固定種を扱う理由はー

「おいしいからだ。雑味がなく本来の味を持っている。例えば小松菜の固定種は爽やかな黄緑色黄緑色で柔らかいが、軸がぽきぽき折れて遠距離輸送に向かない。そこでチンゲンサイと掛け合わせしたが味も変わった。」

ー以下省略。

都合に合わせた結果、失うものも然り。

やっぱり資本主義と農業は相性が悪いんです。

桃園 整地。

@桃園

前回の開墾から見つかった凸凹の修正中。

バックホーの実力を発揮する絶好の機会です!

ずいぶんコツを掴み、作業もスムーズにいっています。

予定していた作業も早く終わったので、

早々と帰宅し、

24時間テレビ見ています。

たまにはゆっくり!

「ブルゾンちえみ頑張れ〜!」

突然の雨。

予報は晴れだったので、あれこれ段取りしていて、

目がさめると……

土砂降りではありませんか!!!?

世間では楽しそうなフェスなどの誘惑が…

しかししかしグッとこらえ溜まっていた事務仕事。

畑に集中するために早めに済ませる!と自分に暗示をかけ!

カタカタカタ。。。

その後晴天になり、

畑で一汗かいたとさ。

減価償却費。

経費の考え方のひとつで、

120万円の冷蔵庫を買うとします、

冷蔵庫は6年に一回買い換えるから(耐用年数)、

経費も6年に分割しましょう!

1年目20万円

2年目20万円

3年目20万円…

6年目20万円。

と言った具合に考えるそうで、

物によって耐用年数が違い、

分厚い本の中から該当するものを探し当て判断になりますが、

「塩化ビニールの灌水施設」なんかは該当するものがよくわからず判断ができません。

そこで、

この耐用年数を決めている「国税庁(最寄りの税務署)」に確認!

「そうですね8年でお願いします。」

と、なかなか国税庁の方も判断が大変そうでした。

ぐずついた後の。

@いちじく園

気温:最高35.5度/最低24.0度

久々!と言っても数日ぶりのピーカン!でした。

昨日張った黒マルチは大丈夫か?

と、様子を見てみると、特に問題はなさそうでした。

しかし地温が上がり過ぎだったのかさほどの成長は感じられませんでした。

一方の白マルチ(まだ黒に変えていない)の方はグンっと伸びましたよ!

黒に変えるタイミングは肝になりそうです。

あと、やはりというかわかっていることというか、

横にはたいして伸びないんですが、

上に伸びる力は強いです。

ぼちぼち。

@いちじく園

お盆過ぎてから朝なんか急に肌寒く感じてきました。

時間の合間を縫ってですが、ぼちぼち黒マルチと除草を進めています。

ここにきて根がしっかりしてきたのか?雨の影響か?

主幹の枝の成長が早くなってきました。

カミナリ。

豊田市に避難勧告が、

さすがに作業をやっている場合ではないとテレビを見ながら様子を伺っています。

「カミナリ」がすごいです!

近すぎです!

避難できません!

カミナリに打たれるのは意外と山の中では当たり前な話です。

気絶したり火傷したりと話聞くだけでもおっかない。

もしカミナリが鳴っている時は木など高いものの近くは避け、

低いところへ低いところへ、

無いと思いますが、岩の割れ目(クラック)などはカミナリの通り道なので、

近づかないように。

発芽。

先日、種まきした「紫キャベツ」が発芽しました。

この瞬間はいつも安堵します。

この天候不順で気温が低下し、雨が多いので発芽のコンディションに適していたんだと思います。(やったね!)

天候不順で野菜が不作かもしれませんが、

裏があれば表もある!

向かい風は追い風に変えていくんです!…

とは言っても農家として晴れ間は欲しい…

そんなわがままなものなんです。