いちごのランナー挿し。

長崎市農業センター研修時代に「いちごウイルスフリー苗」の管理作業をしていたんですが、

当時「役に立つことはなさそう」なんて思っていたら、先日訪問された「美十」さんから「フレーズ・デ・ボア」をつくってみませんか?問い合わせがあったので小スペースでやってみることに!(本格的な生産は今のところ予定なし)

野いちごですが、おいしさはぶっちぎり。ただ流通に向かないです。。。

今こうして「ランナー」(写真の親から子に伸びてる赤い蔓状のもの)を挿す作業も難なく行えるのは研修時代の賜物ですが今になって思うのは無駄なことじゃなかったんだと9年目で花が咲いたようなそんな。。。

ほんと人生は何が起きるかわかりません。

開墾2018

「うちの畑も使って欲しい。」

作業中におばあちゃんが現れ新しく畑を借りることに。。

生産者が他界しても代替わりせず荒れていく畑は多く、こんな話はよくあります。

ということで今年もまだまだ開墾が続きます。

今回の現場もなかなかの現場。

でも培ったノウハウでまた畑に再生できました。

と、終わったのもつかの間。次の現場がエンドレスに待っている。。

大地の再生講座

たくさんの崩壊した土地を再生してきた矢野さんの講座を受けに山梨に行ってきました。

土木は学んだことがなく耕作放棄地を開墾したり、ほ場を整地する際は見よう見まね自分の勘だけを頼りにしていたため「もしかしたら知らず知らずのうちに大変なことをしているかもしれない。」と心配性の自分は早速行ってきました!

今の世界の現状や、悪環境の対策の事例、水脈のつくりかた、草刈りのやり方など土木ついてや自然など「環境」について多くのことを学べました。

帰ってきてらちょうど大雨だったので早速ほ場へ出かけ、水の流れなど確認してみるとところどころ流れが止まっていたり、草刈りのレベルの低さを実感しました。

改善に向け今回習ったものを活かしていこうと思います!

(見ているつもりでいろんなことが見えてなかったんだな。。。)

農家とゴールデンウィーク

我々農家にGWはない。

種まきに、水やりに、収穫に、出荷に、草刈りに、次の作付けの準備に、、、

日照時間・気温も上がり出す時期、、、すでに肌は真っ黒です。

今回は「ズッキーニ」です。

今ではスーパーでもずいぶん見かけるよになりポピュラーな夏野菜のひとつ。

炒めもの、揚げ物、煮込み料理、ピクルスなど漬物、あえもの、

食感がナスと似ているのでナスの代わりにでも◎

品種は使い切りできるミニズッキーニ「バンビーノ」

器に利用したりもできる丸ズッキーニ「パッローネ」

どちらも固定種です◎

ウリ科の種まきは独自で、種を少し割ってあげると発芽が良くなるんです◎(フクダ流)

半信半疑で抵抗があったんですが試してみたら本当に発芽が良くなりました◎

ぜひぜひっこれからウリ科を植えられる方はお試しください◎