2018年

専業農家として就農1年目の今年は「災」という文字が選ばれたほど、大変な年でした。

冬は大寒波が押し寄せ不作で、

春と秋は豊作で市場も作物が溢れ、野菜の価格が平年比60%と苦戦し、

夏は7月の豪雨と何度も襲ってくる台風と気温40℃超えが1か月つづき9月はほとんどの農家が出荷できない事態になるなど、

1年目にしては少々ハードでしたが、いい勉強になりました。

冬を越えるための対策も学べ、

出荷のルートも構築でき、

この暑さでも生育する作物も知れ、

農家として成長するにいい年だったんではないだろうかと振り返っています。

「つちのがっこう 」もスタートし、たくさんの失敗も洗い出されたので、

来年は今年の失敗の対策と改善をテーマに励んでいきます。

「素直に生きる」逆境ーそれはその人に与えられた尊い試練であり、この境涯にきたえられてきた人はまことに強靭である。古来、偉大なる人は、逆境にもまれながらも、不屈の精神で生き抜いた経験を数多く持っている。 まことに逆境は尊い。だが、これを尊ぶあまりに、これにとらわれ、逆境でなければ人間が完成しないと思いこむことは、一種の偏見ではなかろうか。 逆境は尊い。しかし順境も尊い。 要は逆境であれ、順境であれ、その人に与えられた境涯に素直に生きることである。謙虚の心を忘れぬことである。 素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む。 逆境、順境そのいずれをも問わぬ。それはそのときその人に与えられた一つの運命である。ただその境涯に素直に生きるがよい。 素直さは人を強く正しく聡明にする。逆境に素直に生き抜いてきた人、順境に素直に伸びてきた人、その道程は異なっても、同じ強さと正しさと聡明さを持つ。 おたがいに、とらわれることなく、甘えることなく、素直にその境涯に生きてゆきたいものである。 松下幸之助