ツクルヒト、ものいち’19秋 と、

春は土砂降りで大変で、今回も予報は雨マークの怪しい雲行き。

そんな心配していた天気を

忘れてしまうくらいの虹。

気持ちの良い朝でした。

お客さんも多くみえ、workshopにきてくださった方、いつも楽しみに買いに来てくれる方、新作を楽しみにしてくれる方、いつも応援してくださっている方。

ここでまた会えてお話ができてよかった。

まだまだ収穫が少なく店舗も寂しい感じですが、少しずつ歩んでいけたらと思います。

話は1日戻り、

アズッカ エ アズッコさんの試飲販売会にお邪魔してきました。

今回は「カーボロネロ」を使ったトスカーナの郷土料理「リボリータ」を持ってワインに合わせた野菜をテーマに提案させていただきました。

自分は農家だからと料理については敬遠していたんですが、

イタリア野菜なんて馴染みのないものは使い方がわからなくて当然ですよね。

なので勉強し、少しでも多く調理の仕方など提案して行けたらと思います。

畑もやって、事務もやって、販売もやって、申請の資料作りもやって、いろんな業者と打ち合わせもして、

何かとやることがてんこ盛りでウルトラ忙しい時期なんですが、

今が一番楽しい時期

なんて思いながら日々を過ごしています。

「大変」とは、大きく変わること、なんて耳にしますがあながち間違いではなく、

「大変」の中で多くのことを学んでいるような気がします。

須崎さんはそんな話ができる大事なパイセンなのである。