三寒四温と菜種梅雨

去年のちょうど今の時期、夏と冬が交互にくるような稀な気象で読みにくく失敗が続きました。

もし発芽をしても寒さにあたり死んでしまうか董立ちし花になってしまう。

その経験から暖かくなるまでは少し種まきは我慢しようと考えています。

しかし、春に遅れてしまうと収穫もズレてしまって秋も遅れてしまう。

雑草の管理も春に先手を打たなければとても追いつかない。

春の計画と実行が1年を決めると思っています。冬は春のための準備の時間。

天気予報とも毎日にらめっこ。

今年は菜種梅雨とこれまた珍しい長雨。桃の開花と重なり花腐れから始まる「灰星病」が心配です。。

こんな仕事を

3月はいちじくの苗の掘り取り時期。

今年は新しく63本の苗を定植しました。

品種は「桝井ドーフィン」

愛知県の主力のいちじく。

荒削りでしたが高い畝もたてられ、何年かかけ修正や畝上げしていけば綺麗な畝になりそうです。(初めの高さが重要なんですよ!)

配管も間に合い、これで空梅雨が来ても越えられる。

なかなか手に入らない藁も加藤農機商会さんが手配してくださり。

これで育成の環境が整いました。

長い失敗でしたけど、良い勉強になりました。

失敗を活かして成長させる技術にできそうです。

お疲れビールに、

大好きな鎌倉のブルワリー「ヨロッコビール

橋の下にも来てくださったり、saboriさんでもタップがつながったり、

とにかくおいしく、いつも新しい。

エチケットやプロダクトも完成されてて、いつも楽しませてくれる。

ヨロッコビールの仕事にはいつも感動するんです。

自分もこんな仕事ができるようになれたらいいなと思う。

精力善用、自他共栄

環境整備も着々と、流通業者さんとも打ち合わせが進み農園としても形が整いつつあります。

なかなか一人で全部はできないので、ひとつずつ外部に委託していきたかったのですがこれもまた時間かかる作業だったり。。

やはり社会に生きるのですから、できる限りは外部に委託してお金を回したいのです。

それが大事だと思うんですが、それを食い物にする業者さんもたくさんいるのはよろしくないと思っています。

バブルの名残なのか出張料なんて多額に請求するのはどうなのか?

コロナウイルスの終息のつかない今、こんな時だからこそ助け合わなくちゃ。そんな精神が「社会」には必要ではないだろうか?

自分のために社会があるんじゃない、社会のために自分がいるんだ。

先生達がおっしゃっていた言葉が不意に頭をよぎります。

道のり

啓蟄に入り畑もずいぶん春らしくなりました。

チーマディラーパのナポリでの名前「フリアリエッリ」

それぞれの土地で違う名前があるなんて愛されているなって思うんです。

イタリアやフランスの市場は昔から今も変わらず同じ品種の野菜が売られているんです。

日本の次から次へと移り変わりゆく市場は好奇心は刺激されますが、ちょっと寂しくも思います。

「ファーべ(ソラマメ)」も開花。(はやーい!)

ファーべもまた紀元前3000年頃から誰もが知っていたそうな。

いちじく園の整備も着々と進んでいます。

今まで重ねた失敗が活きて、順調です。

とても長い道のりでしたけど、良い船出になりそうです。

大忙し。

春作と夏作の準備に、畑の設備の整備に、倉庫の整備に、計画書づくりに、いろんな業者との打ち合わせに、自分の引越しも終わらせて、とどめに確定申告。

いやぁ〜大変だったけど、いろんな方の助けのおかげで乗り越えることができました。有難い。

そんなこんなで「インカのめざめ」と「さやあかね」の定植

今年で3度目。

毎年こうすれば良かったと思うことを改善していく楽しみがありワクワクです。

去年とても調子良かった「タフベル」

霜除として最も効果をはっきしてくれる資材で霜に弱い馬鈴薯も、去年のゴールデンウィークまで降りた遅霜も越え無事収穫できたんです。

特に悪さもしない資材なので今後活用していきたいです。

収穫は6月。今年から3ヶ月ほど寝かせて熟成させてから出荷をしようと準備を進めております。

ぜひ熟成シリーズ楽しみにしていてくださいね。

年々一歩一歩進んでいけたらいいな。