始まったばかり。

ジンジャーの良い香り。収穫が待ち遠しい。

もう早いところはゴールデンウィーク突入ですね。今年は畑作業以外は自粛。ですが、お家にいてもやらなきゃいけないことがたくさん。やりたいこともたくさん。。たまった本や、勉強したかった料理に少しずつ手を付けていこ。

今年はセット販売に向け畑を再編して計画しています。

今年はさらに猛暑対策に灌水設備もやり直したい、、、

ゴールデンウィークの定植までには間に合わせたい。が、まあまあなボリュームです。。。

出荷設備はバッチリ整い、今は郵便局さんと流通の練習中。

2年前は段ボールを発注するのにもかなりの時間がかかっていたのに、今では電話ですぐ。なんだか懐かしいです。

とにかく雑務を減らして少しでも多く畑に入れるように。

まだまだここから、始まったばかりだ。

ひとつの形をつくるのにこんなにも考えるものなのか?というくらいエネルギーを使っています。

来年からはじめていきたい「ジュース」の製作に手を付け出しました。

好きなエチケットは数多くあるも(SABADiのセンス大好き!)いざ自分たちで制作となると広い海の真ん中にいるように何をどうして良いのか。。。から始まるものです。

もうすでに加工品をやっている友人、先輩にアドバイスをいただきながら、

瓶の業者さんも探しつつ、デザイナーさんとも打ち合わせを行いながら進行。。。

一本のボトルができるまでってこんなになんやかんやあるんやね〜って感心。

今回アートワークをお願いしているのは「JURI KATO」さんです!

自分は絵は描けないんですがこんな絵があったらいいのにに応えてくれる絵で、タッチや色彩に心がくすぐられるんです。。

みんなが喜んでくれるようないいものができるといいな。。

最近はお世話になっているレストランのテイクアウトに毎日お世話になっています。

一宮の「ゴッチャポント」さんのパスタソース(トマト)

作り方も丁寧に説明してくれて、料理をする時間も楽しくしてくれる。

「STAY HOME」みんなの協力がなければ乗り越えられないコロナ収束へのアクション。なんて素敵なんでしょう。

豊田のミネマツヤさんで僕がこよなく愛する「プーニムパッポンカリー」(プーパッポンの蟹のソフトシェルバージョン)

あの味がお家で!(ワインもスルスルっと開けちゃいました。。)

日に日に増していくウイルスの脅威に、政府への不信感。

ですが、自分たちにもやれることやらなければならいことは山ほどある。

ひとつひとつをしっかりとこなして、みんなでコロナを乗り越えましょうね。

時世

コロナウイルスの猛威も増え続け、経済新聞の世界経済の予測もゾッとするような数字が出てきました。

ウイルスが終息しても経済の回復は長い時間がかかりそうです。

10年前のリーマンショックを思い出します。

リーマンショックの時は、毎日毎日人が切られていく姿を見て明日は自分かもしれないという状況でした。

その経験から、手に職をつけようと思い農業を選んだんです。

今年ですが、

今まで挑戦していたイタリア野菜も少しお休みし、家庭で使いやすい野菜セットのネット販売に切り替えていきます。

販売についてはまた追って案内していきます。

コロナの終息にはみんなの協力が必要不可欠です。みんなでコロナを乗り越えましょう。

春爛漫

今年もこの時期が来ました。

菜種梅雨の影響も大きくはなく、美しい花を残してくれました。

猿投の桃は今受粉作業の真っ只中です。

樹もずいぶん成長したので今年は収穫しようと思っていたのですが、来年までもうちょっと樹を大きくしたいので今年はお預け。

今年のうちに野菜やイチジクを整えたいというのもあり、そう判断しました。

志村さんがプロは準備のプロでもなくてはならない。

とおっしゃっていたのが頭を巡ります。

これでもかと就農前から走り続けてきて、まだ準備不足の部分が多い。

当時見えていなかったこともあるんですが、ここにきてそう思います。

ここからの景色はとても好きです。

とても好きで見てもらうことは嬉しいのですが、写真を撮りに来て畑に無断で入ったり樹を荒らしたりする光景が目立ちます。

農家の皆さんが生計を立てていく樹です。

お互いが気持ちよく暮らせるよう最低限のマナーを守りいただくようお願いいたいます。