畑づくり

あっつ〜い。愛知県は高いところで31℃を記録したそうです。

今年も猛暑は覚悟した方が良さそうですね。。

二年間の失敗を鑑みて、ひとつは(基本なんですが)「水」をしっかりあげられるように配管をやり直しました。

配管は露地野菜は雨水でまかなえるので必要もないと考えていましたが、40℃を超え雨が降らない日が1ヶ月続くことを経験した以上、同じ事が起こっても対応できるようなシステムが大事だと思うようになり取り入れることに。

しかし灌水もいくつも商品が出ていて何パターンも存在するのでどれを選んで良いのかというそんなところから始まり。(野菜の研修では学びませんでした。)

作物によって水の要求の量も違うので頭の中は「???..!..?」のような感じで、

しかし、配管も繰り返していくうちになんとなく理解できてきて、

先輩方を見習ったり、繰り返しの試行錯誤でうまくいく方法もなんとなくつかめてきてひとつの答えが出ました。

が、

これもまだまだトラブルが無いとはまだ言えず。(例えばゴミが詰まったり、土が流失したりエトセトラ…)

それに完璧に近づけるほどそれなりにお金もかかり、元もこうもなくなったり、やはり難しいものです。