きっかけ

思い起こすと自然栽培に取り組むきっかけとなったのは家庭菜園で育てて食べた人参があまりにもおいしく、これは素晴らしい。と感動があったのが決め手でした。

もちろん農薬への抵抗性で村が衰退していく姿を垣間見たのもきっかけではありますが、

いろんなことが同じ時期に重なったのも何かの縁を感じています。

ちょっと難しい話にもなるんですが、

肥料を与えると収量は増えるが味が落ち病害虫も増える

逆に肥料を与えないと収量は減るがおいしくなり、病害虫は減る

これは理論上で成り立っており今では当たり前の認識になりつつあります。

しかし、おいしくても扱いにくく食べにくいんじゃ良くはなく、扱いやすくても不味いんじゃ良くないのでバランスが大事なんだと思っています。

野菜のひとつひとつこの子には何が必要なんだろう?と向き合ってあげることが必要なんだと思っています。

サツマイモやズッキーニなんてのはもうほんとに何もあげなくてもへっちゃらで環境を整えてあげるだけで十分、

白菜なんかのように肥料がなければ結球しないものには必要な分だけ施してあげれば良しで、

レタスもまた水をしっかり与えてあげてば十分だと思っていて、

痩せた土の少ない養分で生きよう生きようと根っこを深く深く広げて育った作物の香りは高く、瑞々しく、どこか優しく柔らく暖かい。

これに出会えた時は続けてきてよかったと思える瞬間でもあります。

紅はるかと、

今年もやって参りました。熟成シリーズ:紅はるか

近年の焼芋ブームで、その名が広く知れ渡り今ではスーパーの広告の一面を飾ることも当たり前になった品種「紅はるか」(ちょっと前までは安納芋だったのに。)

強い甘さと甘い香り、しっとりとした肉質は焼芋はもちろん、煮崩れもしにくいので豚汁などの食材から、お菓子の材料まで幅広く使える甘薯界のエース。

食材としてもエースなんですが、生産面でも非常に作りやすくとにかく強く、おいしさを引き出す自然栽培には持ってこい。

例えるならイチロー(オリックス)のような存在。

今回そんな甘薯界のイチローを、更に40日寝かせて熟成させています。(大リーガーのイチロー!?)

おいしさのピークは熟成60日だいたい12月の1週目が良いかなと思います◎

今回「熟成紅はるか」は「お買い物」からご購入いただけます。ぜひこの機会に。

そして、

以前ちょっと紹介した甘薯たち、

「安納黄金」

すごぶるおいしくなっています。

ちょっと前までサツマイモといえば安納芋でしたが紅はるかの出現により表舞台から姿が消えたかと思っていたら、

農家による優良選抜(おいしい芋を親にして苗をつくる)のおこなわれ、よい色と食味のものが選び抜かれ生まれた安納黄金(例えるならスター集団の中のスター メッシ)

うまうま〜です◎

現在、案内準備中!しばしお待ちください。

実り

10月はいろんな収穫が重なる実りの秋

今年も長野の曽我さんの畑へお手伝いに。

曽我さんは同じナチュラルの世界に生きる同人で、日々同じ悩みや苦しみ、また喜びを共有していて、

曽我さんの畑へ行くのは1年の愉しみなのである。

今年は虫に獣に天候にと稀に見る大変な年で、お互いに苦労の多かった年だったんですが、

どうにか乗り越え実りまで

困難や試練というのは超えるためにあり、

それがいつの間にか生きがいになっている。

自然の大きな力の前に絶望しても、そこから何か可能性を探し、仮説を立てチャレンジしていく。

このサイクルの中で形が生まれていくんです。この浪漫が果実や野菜に詰まっていると思うと深く感じるんです。

工業製品化された生産体系の野菜にはない深さなんですよね。

さあて、やらないといけないことがたっくさんだぜー!