紅はるかと、

今年もやって参りました。熟成シリーズ:紅はるか

近年の焼芋ブームで、その名が広く知れ渡り今ではスーパーの広告の一面を飾ることも当たり前になった品種「紅はるか」(ちょっと前までは安納芋だったのに。)

強い甘さと甘い香り、しっとりとした肉質は焼芋はもちろん、煮崩れもしにくいので豚汁などの食材から、お菓子の材料まで幅広く使える甘薯界のエース。

食材としてもエースなんですが、生産面でも非常に作りやすくとにかく強く、おいしさを引き出す自然栽培には持ってこい。

例えるならイチロー(オリックス)のような存在。

今回そんな甘薯界のイチローを、更に40日寝かせて熟成させています。(大リーガーのイチロー!?)

おいしさのピークは熟成60日だいたい12月の1週目が良いかなと思います◎

今回「熟成紅はるか」は「お買い物」からご購入いただけます。ぜひこの機会に。

そして、

以前ちょっと紹介した甘薯たち、

「安納黄金」

すごぶるおいしくなっています。

ちょっと前までサツマイモといえば安納芋でしたが紅はるかの出現により表舞台から姿が消えたかと思っていたら、

農家による優良選抜(おいしい芋を親にして苗をつくる)のおこなわれ、よい色と食味のものが選び抜かれ生まれた安納黄金(例えるならスター集団の中のスター メッシ)

うまうま〜です◎

現在、案内準備中!しばしお待ちください。