いちじくの雨除けハウス

夢にまで見たいちじくの雨除けハウス。

水は大好きだけど、雨は嫌いといういちじくの性格を克服した設計で、

・雨の時だけビニールを広げて雨を防ぐことができ、普段は畳んで仕まうので露地栽培のおいしさはそのままで安定した高い秀品率を維持できる。

・水は灌水施設を配管し水分要求量に応えることができる。

・台風被害が多いハウスですが、ビニールを畳めば骨材だけになるのでハウス被害が無くなる(その場合果実には被害があります。泣)

・露地栽培のいちじくはものすご〜く手間と時間がかかる支柱の設置や傘掛け作業があるんですがそれが無くなる。

・ハウスの周りに防虫ネットや農薬飛散防止ネットなどネット着けられる。

などなどメリットがとても素晴らしい愛知県の技術なんです。

ただ特殊なゆえ高い…資材費と工賃。

なのでいろんな機関が推奨しているのは組み立て部分の自己施工なんです。

骨組みは水平のレベルを出すこと以外は特に技術は必要ない組み立てだけなので時間と道具があればできるんです。

ただ一人では大変なので、昔一緒に働いていた先輩たちにお願いして一緒に組み立てることに!この時間はなんだか懐かしく、愉しく、そして一緒に学んでいくとても有意義な時間になりました。

とても面倒な作業だったんですが、ひとつひとつの部品をしっかり組め、とても良い仕上がりになりなんと職人さんに褒められたんですよ〜!

惰性的でなんの価値も見出せなかった工場での経験だったんですが、体が勝手に技術を覚えていました。笑 こんなところに返ってくるんですね。。。

また雨除けハウスはいちじくだけではなく野菜にも応用していけるので、少しずつ増やしていく予定です。

「未来」があることをやっていきたい。

どうしても雨の多い日本ではどうしても病気の対策に農薬量が多くなってしまう。防除などの作業時間も増え経営も圧迫されるのですが、

それを解決してくれる雨除けハウスには未来があると思っています。

郷土料理

イタリア野菜を勉強していく過程でイタリアの郷土のことを学んでいる時間は自分にとっては好きな時間で、風土や文化、民藝に風習そして料理なんて言ったらお腹がすいた状態で好きなご飯をガツガツ食べるときのようにどんどん入ってくるんですよね。

名古屋のオステリアモカイオさんやアズッカエアズッコさんではトスカーナ地方の話をたくさん聞かせてくれるのですが、写真からみる景観だったり各家庭の話だったり素敵なところなんだろうな〜っと胸がいっぱいになるんですよね。

この季節になるとそんな妄想を膨らませながら郷土料理の「リボリータ」を作るんです。

「再び煮込んだもの」という意味になるんですが、

レシピ上ではミネストローネに硬くなったパンとカーボロネロを入れてグツグツ煮込んだものが定番。

ですが、各家庭で作り方も食材もそれぞれで各家庭の味があるそうなんですよね。

各家庭の味っていいなって思うんです。

だって世界に一つだけの味ですよ!その人にしか出せない味。

そうそう!今は母が手伝いに来ているんですが、久しぶりに食べたハンバーグはおいしかった。

昔ながらの我が家の味。世界に一つだけの。

2021年

2021年明けましておめでとうございます。

2020年はとにかく準備の年でコロナ禍だからこそできることををテーマに進めてきました。

市場での相場も読めなかったので、予定していた野菜の計画も大きく無くしてサツマイモによる土づくりもできたし、

ハウス着工に向けた時間も得られ念願だったいちじくの雨除けハウスの着工もできました。

野菜の貯蔵できる冷蔵庫に温度や湿度をコントロールできる出荷調整場(パチャママ)などなど、

生産を下支えしてくれる環境の準備の年でした。

2021年は桃といちじくの出荷がとうとう始まる年になります!

野菜部門も大幅なアップデートでconaffettoシリーズもたくさん登場し、

新たにsetシリーズも始まります。

ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。