地中海トマト

去年いろんな品種の育成と食味のテストをして、パイオニアエコサイエンスさんの地中海トマトがずば抜けて良かったので高コストでしたが今年導入しました。

しかし、去年テストした苗に「かいよう病」を保菌した苗を植えたみたいでどうも土ごとやられたみたいで。今年ほとんど壊滅しました。

その中でtm-2という台木に接木されていたプリンセスロゼだけはピンピンしており、なんとか救われた結果になりました。

(樹勢が強く食味が良いという、なんて優等生なんでしょう。)

土の病気はほんと恐ろしいという経験をしました。

処方としては土壌消毒剤や太陽光消毒なんですが、根治は難しく、しかも良い菌まで殺してしまい悪い菌ばかり繁殖してしまうんです。この悪循環が土を殺してしまう原因になって行き着く果ては農地砂漠化なんです。

研修時代、先生が苦しんでいたのを思い出します。

露地栽培でどうしても作付けする場合は毎シーズン圃場を変えていくことでしょうがなかなか設備が追いつかないなどネックですし、今現在技術としてはハウスで毎年使い捨ての簡易的な土(ポットのでっかい版)で育てるのがありますが。高コストでおいしさは、、、

この事は長い年月研究機関が日々努力しており、最近アミノ酸の「ヒスチジン」をトマトに与えると本来植物が持つ病害抵抗性を高めることができるとわかってきたんです。

つまり、アミノ酸を施すことで肥料の効果も得られ、同時に病気の防除にもなるのです。

今回の経験はこれからの自分たちが目指す環境再生型農業の核になっていくんじゃないか?と貴重な経験になりました。

アミノ酸をたっぷり与えたトマトは旨味もたっぷり

雨で弾けたトマトをトマトソースに。

ちょっと余った残りをカプレーゼに。

シンプルなのにおいしいですよね。(僕は更にリッツに乗せておつまみにします)

この時期に嬉しいおいしい酸味。食欲の助けになります。

今回の秋雨の停滞前線は正直不安がよぎります。少しでも被害が少なく済みますように。