気付いていないだけで世界は美しい

台風14号の進路はさすがに正気では居れなく5分おきにWindy開いたり、ウェザーニュースで風速見たりソワソワしています。

朝から畑に出向いてハウスの屋根を開くか閉じるかだけで昨日も迷いに迷いました。閉じれば病気のリスクは減るけどハウスがやられるリスクがあるし、開ば病気からは守れるけどハウスがやられてしまうリスクがある。

ギリギリまで待って今回は雨が多く風が弱い台風だったので開くことにしました。被害が少なく済みますように。

こんな生業なので毎日1分1分大事な判断に迫られる。防除のタイミングに播種のタイミング、除草のタイミング、肥料のタイミング…

初めからできることはなくて、長い年月をかけて向き合ってきた経験が活きて頼りになってくるんですよね。

そんな終わりのない旅なんです。

さて、こんな土砂降りじゃ作業も進まないので事務仕事を片付けて読みたかった本に目を通しております。

今回の「現代農業」は僕にとって神回。

忙しくて全然意識してなかったんですけど、農文協の方から電話があり真っ先に買いに行きました。(笑

自分の知っている土のことがもっともっと深いものになって、単純だった世界がどんどん、どんどん面白くなっていく。

やっぱり自分はこの職業が好きなんだと思います。