2021年

長い事すみません。毎日投稿していたブログも1シーズンに1回の大晦日になってしまいました。(来年はたくさん書…けるように…頑張り…たい!いえいえ書きます。)

今年も年の暮れはお世話になった畑に果樹、機械に設備に道具へ感謝を込めてお酒を振る舞いに回って仕事納めを行いました。

道中、ほんと久しぶりに雪が積もった猿投山を見れて兆しの見えた晴々とした気持ちになりました。

ほんの数年前、白馬の方で雪が降らずスキーヤーやスノーボーダーの関係者が気候変動問題に発起して「Protect Our Winters Japan」が立ち上がったのも記憶に新しく、昨今では雪が降らない事も起き始めているんです。

周期の問題もあり、そういう時期というのも要因の一つですが、

Co2の排出量でしたり、森林の問題でしたり人間社会の要因もあることは隠しようのないことで、自分も気をつけていかなければと言い聞かせている毎日にいます。

そんな中2021年という年は、カーボンゼロ、SDGs、ESGなどなど世界規模で環境問題と向き合うようになり、今まで白い目で見られていた事も大手を振って取り組めるようになった元年になった年になりました。

この社会の「空気」というものの性質は恐ろしく。時には戦争さえも起こすのですから。

(空気に呑まれず芯を持って生きていきたいものですが、思うようにはそうはいかない、しかしそんな人生が好きである。)

今年も一年本当にお世話になりました。

来年の目標やらなければならない事もはっきりしてきて、それを形にしていくために走る。この1歩1歩の行程がやっぱり起業の良いとこだと自分では思っています。

来年もよろしくお願いいたします。