天敵 ハンターフライ。

「ショウジョウバエ」は「いちじく」の収穫期に雨が多くなると増え、果実を舐められたら果実が溶けたようになり商品価値をなくしてしまう厄介な虫です。

腐りかけた果実を早め早めに捨ててしまうのがいいのですが、

先日強い味方が日本農業新聞に掲載されていました。

Unknown-1

「メスグロハナレメイエバエ」

赤い目をしたこのハエは「ショウジョウバエ」「キノコバエ」などキャッチして食べてくれる強い味方。

ヤシ殼の繊維とブラインシュリンプの卵の殻があれば簡単に飼育でき、

この幼虫も、害虫の幼虫を食べてくれるそうです。(ハエがハエを食べるんですね…)

「ショウジョウバエ」はどうしようか?「ハエコナーズ」をぎっしり設置して蚊取り線香でもたくさん焚くか?などいろいろ考えていましたので嬉しい報せでした。

しかしハエを飼うのか…