経営改善資金計画書。

「青年等就農計画認定申請書」を作成し「市」に提出し「農業委員会」の審査会に認めてもらえると晴れて「新規認定就農者」になれます。

「新規認定就農者」になると様々な補助金などを受けられる対象者になります。

中には「無利子」で融資を受けられるものもあり、

私にとっては雨に弱い「いちじく」で「露地栽培」でハウスを建てるだけの蓄えを賄うのは難しいので喉から手が出るほど利用したい商品です。

この融資を受けるために「経営改善資金計画書」を作成しています。(頭がはちきれそうー!)

「1年目これだけ所得があるから、この設備を導入し、○年目からこれだけの額を返済していきます。」

と言ったところでしょうか、

より経営が具体的に見えてきますし、

「ここをこうすればもっと良くなる!」などに目がいくようになります。

と、いうことで、まだまだ長期戦になりそうです。

「もういいや〜」という気持ちも生まれる頃?でしょうか、

本当にやりたい意志があればそんな壁もないわけですよ。

やらなくちゃならないことがあるんですから。