素材の良さを活かす

イタリアンや和食の基本である素材の良さを活かす…

もちろんイタリアンと和食に限ったことではありません。

化学調味料では表現できない味…

とある日、「おひるの〇〇やさんin La Cabotte」にお邪魔してきました。

イノシシのお肉が臭みがなく柔らかい、イノシシだと教えてもらわないとわからない。ものスゴイ経験をしてしまったのではないかと思う一品でした。とにかくおいしくカボットさんの料理を食べるといつも幸福感に満たされます。

そしてミネさんのカオソイ(タイのカレーヌードル)、前回のカオソイと大幅に異なっててオリジナリティに溢れていて、

生玉ねぎの辛さをアクセントに使ってたり、野沢菜を入れていたり酸味をおいしくいただけました。

農園ちいさな星のパクチーをいつも使ってくださっていて、良さが活きていて本当に嬉しい。

野菜の本来持つ素材の良さを大事にしていきたい。

応えていけるように頑張んなくちゃ!