育つ環境

ビニールを張れば冬が来たなー。と思います。

栽培の練習していた時は管理の広さもなくうまくいっていたんですが、就農し面積を広げたとたんいろんなトラブルに見舞われてしまい、その一つ一つと向き合うことになりました。

一つの問題は生育に必要な温度が面積を広げたことにより上がらないこと。

エアコン使っても広い部屋はなかなか暖まらないですよね。なのでとにかく狭い空間をつくる必要があったので、骨組みを地面に深く入れてからビニールを張ったところ

ずばり30度を超えてくれました。(湿度は足りてません。これをどうするべか?)

これで土の中の微生物が活動するので生育が進むのです。

あとは風の問題。

いつも猿投の強い冬の風にビニールが飛ばされるのが悩みで、

マルチは土をかければ飛ばされないことがわかりましたが、

ビニールには土はかけられないし補強しても最後はやっぱり飛ばされるのがオチだったんですが、

今年は水をかけて重くしビニールの端っこのポケットに溜めることにしました。

ビクともしません。

水やりもビニールでは難しかったんですが、この方法なら通路から染み込ませることで十分な水を蓄えることができるんです。

また背が低いことも一役かっていて、

冬の登山のテントも強風に耐えるため、風を受ける面積が少ないよう背が低いつくりになっているんです。そんなところからヒントをもらい形にすることができました。

大きく育っておくれよ!ロロロッサ!

それから環境整備も進んでいて昨年は木村さんの育苗土を仕込めなかったんですが、

今年は時間をかけて整備し育苗土用のハウスも建てられ籾殻、糠も手に入るようになり無事仕込めることができました。

乳酸菌のいい香り。

一時期は木村さんの育苗土無しでやったんですが、生育がうまくいかずでした。。

そんな失敗から環境を整備することが大事だというコトを学んだ一年でした。