はじめの一歩 2020年

二十四節気も「雨水(うすい)」に入りました。

農園ちいさな星の種まき、定植の始まりです。

昔から雪から雨に変わり、農耕の準備が始まる時期とされてきた雨水。

この日に合わせて畑もしっかり準備。

雨水に蒔いたレタスや馬鈴薯、菊芋は良い実りを見せてくれるんです。

「葉桜」「彼岸」と昔からの種を蒔く目安はよくできていると感心します。

気候の変動が大きいにしろ、植物はよく知っている。

学ぶことの多い日常に感謝です。