BT剤

天敵微生物を利用した生物農薬のこと。

「バチルス・チューリゲンシス」という細菌を葉に散布し、その細菌がチョウ目やハエ目、コウチュウ目のおなかにあるアルカリ性の消化液で分解されると毒素に変わり激しい腹痛に襲われ食べなくなる仕組みである。

虫の抵抗性が出ず、残効性も長い。

ハチや魚類にも影響なく、もちろん私たちが食べてもなんの問題もないというなんとまぁとても優秀な農薬である。

また殺菌剤としても何種類か製品化されており、このマスターピースは厳密には菌は殺さないのですが、バイオフィルムという膜をつくり細菌や菌の侵入を防ぐといった仕組みで、

もちろん環境に影響はなく、私たちが食べてもなんの問題もない。

桃の大敵である「せん孔細菌」に有効であり、銅が薬害で使えない生育期にとても活躍してくれる菌である。

現在の薬品メーカーの考え方も時代に合わせたものをと製品化に尽力されており、今(これから)の考え方はこのBT剤を基本に必要な農薬を組み合わせていくことが防除の基本になっていくとのことで非常に共感でき取り組んでいくことにしました。

もう長崎の枇杷のような光景を見たくはない。抵抗性の問題を克服しつつ環境も保全していきたい想いです。

「沈黙の春」何度読んだことか、

カーソンも「べつの道」にBT剤のことを書いており、昭和49年の発行から現在までの月日の時間で人類は形にしてきたのかと思うとその努力はすごいと思うんですよね。

コロナもきっと乗り越えられる。

そしてこれが偉いことではなく、自然や環境に対しての謙虚の上で。