環境保全型農業

「土地の個性を反映させた自然なつくり」

「おいしさ」をテーマに無肥料・無農薬の「自然栽培」をベースにし、

必要があるものは必要最低限使用し、できる限り人為的介入を減らす生産方式を採用しています。