農福連携

様々な分野で注目されている「福祉」の連携。
「農業」においてこそ、ますます関係を深めてゆく必要があり、特に「障がい者福祉」との連携は、農園ちいさな星の大きなピースであると考えております。

「保護」してゆくという役割から、「自立支援・援助」という役割へ移りつつある「障がい者福祉」と、百の仕事があることから百姓と呼ばれるくらい、日々の仕事がたくさんあり、人手不足に困窮している「農業」。
両者相互に連携することで、それぞれの目的達成や問題解消に近づくことができるはずなのです。

農園ちいさな星では、「農福連携」の取り組みとして、
まずは、「草むしり作業」をベースとし、無除草剤での圃場管理と、障がい者の活動環境の創出を行ないます。
現在は、「障がい者総合支援センター 第二ひまわり」の利用者さんとともに、継続的に「草むしり作業」を取り組んでおります。