0。

今年の桃園は圃場ごと「灰星病」が広がり収穫ができないどころか、来年からの桃の生産に大きな影響があると思います。

前の園主が他界してからずいぶんの間、人の手が入らなかったのか引き継いだ時にはボロボロの状態でした。

少しの間「いちじく」が落ち着くまでは練習と思って生産しようと思っていたんですが、もう樹に余力がありません。

残念な気持ちもありますが今年切り、そしてまた新しく植えようと思います。

果樹も連作障害「いや地」が出るので的確な判断かはわかりません。

自然の中でやっていくということは厳しいですね。