失意のときにこそ

柿畑の抜根も順調に終わり、次の圃場に移り、桃の木の抜根もあとちょっとで、お恥ずかしながら、またやってしまいました。

機械は丈夫という勝手な思い込みが引き起こしたと思います。

心が折れそうになったとき、いつも頭の中を巡る言葉

“危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような卑怯者ではなく、

失意のときにこそ、あなたの御手に握られていることに気づけますように。

ラビンドラナート・タゴール「果物採集」より”

私が木村式自然栽培と出会うきっかけになった、「奇跡のリンゴ」の1ページ目に記載されている言葉。

このページだけ破って、旅をしたときも、山に登るときも、仕事が辛いときも、いつも眺めています。

この言葉に何度も何度も救われ、頑張ることができました。

さあ行こ、力の限り。

農園ちいさな星のデザイン”lamp:07″さん

image

今日は、畑仕事を早めに切り上げ、この農園ちいさな星のホームページやブランディングを手がけてくださっている”lamp:07″尾瀧さんのところへ。

おしゃれな店内ですね。普段はインテリアのお仕事をされていて、私も縁があり、農園ちいさな星のデザインや、名刺も含め、個人事業主の相談などで、お世話になっています。

今日は来年から始まる出荷作物のパッケージの打ち合わせに行ってきました。

“市場(マーケット)の価値観をデザインで変えれないか”

“キズや見た目がよくない作物に普遍性を与えられないか”

以上をテーマに(試)思考錯誤しています。

ほんの少し前にヨーロッパのバスク(スペイン/フランス)に行ったときに見た市場(いちば)は、見るだけでも、とても楽しかった。

ヘンテコリンな作物と、きれいな作物が同じコンテナの中に入れられ売られていたのです。

主婦も可愛いわねと(言ったかはわかりませんが。)ヘンテコリンなものも買っていくのでしょうね。

(そんな光景が日本でも見られたら…。)

その他、コンテナなど制作してもらったものをInstagramにもUPしていますので、ぜひぜひ!覗いてみてください。

“lamp:07”

http://lamp-07.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

七転び八起き

image

“七転び八起き”のことわざの意味をしみじみと感じます。

ゴムクローラも直り、いざ!再開!

一本倒して「はい!次ー!」(内心また壊しそうでドキドキ!)

この圃場もあとちょっと、やりきります!

今回ショベルで深く穴を掘ってみて、木と土の関係がなんとなくですが見えてきました。

ボロボロで実をあまりつけない木の土は、やはり砂質で硬く、水分をあまり含んでおらず、根も浅いので抜根も容易いです。

丈夫な木のところの土は土質は不明、色は乾くと灰色で水分を含んでおり、根は

image

こんなに丈夫。

砂質の硬い土を今後どうしていこうか…思案中。いろいろ実験してみたいと思っています。

image

こちらは、ここ最近は匂いもしなくなり順調なのか?腐敗の匂いや色もないので、悪くわないと言ったところでしょうか?

まだまだ経過観察を続けていきます。

 

地道にコツコツ

image

昨日外れたゴムクローラを直すべく、ショベルカーの鍵を加藤農機商会さんに預けてきました。(いろいろすみません。)

今日は昨日の教訓をいかし、掘削する場所をきれいに整えてきました。(4S(整理、整頓、清潔、掃除)は大事!)

いろんなところへ研修に行きましたが、しっかり手を入れている圃場を見学している時は気持ちがいいんです。(きっとそこに生えている作物も同じ気持ちのはず!)

自分も見習わなくては!

お盆も過ぎ、柿が実りはじめてきました。ですが、今年は生理落果で9割実を落としました。

おそらく、剪定が強すぎたのが原因だと思います。

強剪定により、柿の木が、体を回復せねばと生殖成長(果実の成長)よりも、栄養成長(幹、枝など体の部位)を選んだのだと思います。(仮定でしかないが。)

もっと植物の気持ちを考えねば。

 

一難去って

image

また一難。

ゴムクローラが外れました。

野中さんに連絡したところ「切れることはあったけど外れたことは初めて。(ドキ!)ちょっと緩んでたか、激しい動きで外れたか(ドキ!)」…まあ私が遅れを取り戻そうと、落ちてる枝をドかせばいいものを、無視して作業したため、歯車の間に枝が入って外れたのに相違ないです。(横着した自分が一番悪い)

特に大きな問題ではありませんので、明日また取り付けをお願いしようと思います。

人間こんな時に、ああしとけばよかった。と知恵をつけていくんですね。

image

いい勉強になりました。

ところ変わって、お盆も過ぎ秋に変りだすと気温もだいぶ落ちついてきましたね。(今日は寒波が降りてきているみたいですが。)

image

育苗土の方は50度を下回りはじめました。お布団の時期かな?

 

 

 

第23回勉強会

image

いきなり第23回でなんかすいません。

“みどりの里”さんが第四月曜日に開催している勉強会。(だれでも参加できるので、興味持たれた方は”みどりの里”さんにお問い合わせ下さい。)

私も、兼業で働いている職場が昼、夜の2交代制なので昼勤務の時だけになりますが参加してます。(どういうわけか、夜勤が多い。)

お恥ずかしながら、私も今回、自己紹介の場を設けてもらいまして、現状と計画を紹介させていただきました。

私も近くでやってます!など、多くの方と顔を合わせることができ嬉しい限りです。

image

生産者以外にも大学からも見えられ、意見交換などできる多様な勉強会です。

今回はPH(酸性、中性、アルカリ性)と病原菌の関係について論じてもらい、目からウロコでした。

作物の生育とPHなら、教わることが多いのですが、菌とPHは初めてでした。

多様的な交流はいいものですね。知らないことを知れるのですから。

この場所からいいものが、たくさん生まれるといいな。

夏の大改造計画 最終回 “これでいいのだ”

image

月日の経つのは早いものですね。

達成まではいきませんでしたが、前には進めました。まだショベルカーも、お借りできるという事なので、来週までには終わらせるよう頑張ります。

image

丈夫な根。これ以上はショベルカーの刃も入らないので、手掘りになります。(ケルヒャー使えそうなんだけどな…)

image

たくさんの人から、たくさんの力を貰って

何にもなかった所から、少しづつ形ができてくるのが

なんだか、楽しくて。

それがまた、明日を運んで。

 

“これでいいのだ”

座禅に通っていた時に和尚から説教して貰った言葉です。

大事なことは開き直ることだそうで、

10年修行してわかったことは、10年修行しても人間何にも変わらなかった。それを知るための10年だった。

と悟られたそうです。

 

さあ明日からも頑張ろう!

 

 

 

 

 

夏の大改造計画 その⑦ “雨ニモマケズ”

image

暑い夏に夕立はつきもの!連休もあと2日!遅れを取り戻すため”雨ニモマケズ”いきますよー!

image

お天道様待ってー!あとちょっとー!相棒スパートいくぞ!

image

柿畑の抜根もあとちょっと、

問題だらけで喧嘩ばかりしてた、柿畑ともお別れ。

でも、

よく頑張った、お疲れさま。

さあ!明日も頑張るぞ!

 

 

 

 

夏の大改造計画 その⑥

image

昨日ショベルカーが故障したため、スケジュールを変えて作業していた所、朝イチに”加藤農機商会”の中村さんが見えて、壊れたホースを直しに稲武に行ってきます!と…

嬉しさが溢れて、言葉が出ませんでした。

image

夕方にはバッチリ直りました!これで作業再開できます!

…こんな時、故郷の先輩から「人は宝です。」と言われたこと思い出します。

これだけは忘れたくありません。すいません感極まって、どうしても嬉しくて。(中村さん本当にどうもありがとうございました。)

image

そして今日も、お昼前に無門さんと青い空さんの利用者さんが見えられ木々拾いと草集めをやってもらいました。

天気もピーカンでしたので、休み休み。(みんな暑い中ありがとう。)

作業の評価としては、”もっとがんばりましょう!”だったのですが、どうしていけばいいかの形も見えてきました。

とにかく今は利用者さんと触れる時間をつくって福祉を知らなくては!

 

夏の大改造計画 その⑤

image

今日も無門さんと、青い空さんにお手伝いに来ていただきました。

昨日から引き続き木々と草集め!

image

モクモクと働いてくれてます!(みんないつもありがとう。)

雲が活発になり雨の心配があったのですが、終わった後に通り雨が来たので、ホっとしました。

しかし!

お借りしているショベルカーの油圧ホースが破け、油が漏れ出し大慌てで、急遽いつも機械のお世話をお願いしている「加藤農機」さんに診てもらうことに。

とりあえず交換だけで済むとのことで大事ではないとのことでした。(急な対応ありがとうございました。)

お借り先の”みどりの里”の野中さんに連絡してレンタルを延長してもらいました。「忙しい時に限って雨だったり、機械が故障したりするもんね。わかるよー!」と励ましの言葉を貰って、少し楽になりました。

機械の故障はつきもの!気をとり直していきます!

やることは他にもたくさんある!落ち込んでいる暇はないの!

 

image

ごめんね。また治ったら一緒にがんばろうね。